手作り家具、オーダー家具ならビルウッドヘお任せ下さい。

ヘッダー
天然木・無垢板一枚板テーブルのビルウッド サイトマップ お問い合わせ お買い物方法について
HOME > 木のお話 > パドックのお話(Wikipediaより)

パドックのお話


パドウク(パドック)
とは、マメ科シタン属の広葉樹で、
日本ではカリン(花梨、花林、花櫚)と呼ばれている。

タイ、ミャンマーなどの東南アジアからフィリピン、ニューギニア産出。
バラ科の果樹・花木として知られる庭木のバラ科のカリンとは全く違う種類である。


【別名】
インドシタン
フィリピン名ではナーラ(ナラ)
ミャンマーではパドウク(パドック)
インドネシアではアンサナ
マレーシアではセナ
パプアニューギニアではニューギニアローズウッド
中国ではシタンに分類される。
八重山紫檀もカリンの一種である。


【木材の特徴】
辺材は淡い黄白色。
心材は黄味かかっているものから紅褐色〜帯桃暗褐色。

西アフリカ原産のアフリカンパドックの心材は、鮮やかな赤褐色である。

 

木材にはバラの香りがあり、赤色染料が取れる。
シタンに似ており、代用材としても使われる。


木材を削り、試験管に入れて水を注ぎ、これを太陽にかざすと、美しい蛍光を出す。
このことから、昔、スペイン人は薬として飲んだと言われる。