イチョウの木についてご紹介いたします。

ヘッダー
天然木・無垢板一枚板テーブルのビルウッド サイトマップ お問い合わせ お買い物方法について
HOME > 木のお話 > イチョウのお話(木編百樹より抜粋)

イチョウのお話

ぎんなんをかじって飽かぬ夜の酒 (上田千路)ぎんなん拾う参ったことの無い寺で (水戸部梅子)金色のちひさき鳥のかたちして 銀杏散るなり 夕日の岡に (与謝野晶子) 落葉高木。雌雄異株。

高さ30m、直径2m、大きいのは目通り幹の廻り14mのものもある。東京都・大阪府の木である。
元禄時代日本からヨーロッパへ始めて紹介されたが、日本へは中国から観音像の渡来と共に僧侶によって運ばれた といわれている。中国名を「ヤーチャオ」と聞き「イーチャオ」になまり、「イチョウ」と転訛して和名になった という。 大阪御堂筋のイチョウの実は長い間入札してギンナンの採取者を決めていたが、今は取って貰う人を入札 して決めるようになった。次第に粒が小さくなり、採取人の費用が高くなった故である。

イチョウの植物形態論の中で非常に古代の植物とされている。 材はやわらかいが質が、緻密で細工し易く将棋駒、 将棋盤をはじめ、彫刻材として利用される。中華料理では欠かせぬ木でマナ板は総てイチョウで、しかも丸太切りした木口を使う。