レッドフィリピンマホガニーの木についてご紹介します。

ヘッダー
天然木・無垢板一枚板テーブルのビルウッド サイトマップ お問い合わせ お買い物方法について
HOME > 木のお話 >レッドフィリピンマホガニーのお話

レッドフィリピンマホガニーのお話

名称・・・ダークレッドメランチ(Dark red meranti)

(フタバガキ科 Shorea curtisii セラヤ、S.negrosensis レッドラワン、S.pauciflora ネメス、S.polysperma タンギールなどを含む Shorea spp.[Rubroshorea亜属])

ライトレッドメランチを含めると約70種あります。タイ、マラヤ、フィリピンを経てボルネオ、モルッカに分布します。
この類の木材は、Shorea属のRubroshorea亜属の樹種からの木材のうち濃色のものです。
この類の一種であるタンギールは、フィリピンマホガニーと呼ばれ、米国市場へさかんに輸出されたことがあります。
もちろん本物のマホガニーとは全く違う木材ですが、色が似ていることからこう名付けて売り込んだのでしょう。

木材

心材は赤褐色あるいは濃赤褐色で辺材は黄白色ですから、両者の境ははっきりとしています。
肌目は粗く、木理は交錯します。メランチ類の特徴である同心円状に配列する軸方向細胞間道(樹脂道)が多数はっきりとみえます。濃色の木材です

レッドラワン Red lauan [その他の名称]
レッドフィリピンマホガニー Red philippine mahogany

辺心材の境界はやや明らかで、辺材は黄白色で、心材へ移行するにしたがい濃赤色からレンガ色へと濃くなる。

木質は、ラワン類の中では重くて硬い。木理は交錯し、肌目は粗い。
気乾比重 : 0.42〜0.60
家具、合板、建具、建築材など。本マホガニーの代用としても使われる。